bgcolor="#ffffff" text="#666666" link="#ff8080" vlink="#71b8ff" alink="#ffcc00">
年月 経緯↓スタート
H9.3 インストラクターとしての

資格と長年の経験を生かし、

パソコン指導を主業務とする

有限会社アオイを設立。

光市にてパソコン教室を開校!
H12.11 多くのパソコン操作指導の現場や

IT講習会などで初心者や

高齢者の方々がマウス操作に

とまどわれて、パソコンの操作

習得に時間がかかるところに着眼。

「もっと、初めての方がスムーズに

マウスになじめる方法はないものか」

と、マウス補助具を考案し、社長に提案

社長は、「なるほど!!」と同意し、

作成してみることに・・・。
H13.1 初のものづくりにチャレンジするため、

数々の補助金や助成金に応募。

お手製による消しゴムや

発砲スチロールでモデルを作成し、

プレゼンテーションしたが・・・。
H13.5 「平成13年度山口県創造技術研究開発費補助金」が内定!
H13.5 特許出願(特願2001-165870)
H13.8 山口県産業技術センター

周南地域地場産業振興センター、

兼森総合デザイン事務所、株式会社

山城精機製作所などにご協力いただき、

開発に取り組む。モデルを作成し、

初心者や高齢者の生徒さんにモニター

調査。
H14.2
次々にモニターを実施。

3次モニターを元に、第1試作品

(シリコン、エラストマー)制作。
H14.2
販路開拓を意識し、

「メイドイン山口商談会」に初参加。
H14.3
第1試作品によるシルバー対象

パソコン講習会でモニター活動。

アンケート結果では「マウス補助具が

あった方が良い」という意見が

80%以上。
H14.3
第1試作品の問題点は・・・

●デザイン検討−市場のマウス形状が

 開発スタート時より全体的に小さく

 なったため、長さを短縮する必要が

 ある、スクロールボタンへの対応。

●指へのフィット感追求(ビギナーズ

 タイプの中指側の窪みをつけたい)

●樹脂も再検討する必要あり!

 (硬度、色など)

●シリコンタイプはバリ、気泡が発生

●エラストマー(黒ゴムタイプ)は収縮・

 亀裂発生

●適当な接着テープが見つからない

●製品のゲート位置とロゴマーク検討

●そして、商品名は・・・
H14.4 商品名「まうぴぃ」に決定!

さっそく、キャラクターを

デザイナーYさんに

考えてもらうことに。
H14.5 意匠出願(意願2002-014535/2002-014536)
H14.5 「中小企業経営革新支援法」承認
H14.6 キャラクター案ができあがり、スタッフや生徒さんにアンケート実施。
H14.7



キャラクター「まうぴぃ」決定!

製品パッケージなどについても

検討開始!




H14.8 出展用『まうぴぃ』成形
H14.8



日商OAマスター全国大会で

インストラクタ-に『まうぴぃ』紹介

●多くのインストラクタの同意を得る




H14.9

「平成14年度中小企業等総合支援

事業」スタート。改良に取り組む。

H14.9 「国際福祉機器展」初出展!



●時代に合った新しい商品として

 マスコミに取り上げられる

●たくさんの方が見てくださり、

 また障害をお持ちの方のニーズも

 新発見
H14.10 改良は続く

●指へのフィット感をよくするためには

 アールが必要

●『まうぴぃ』のキャラクター入りは

 どうか?

●商品ラインナップを増やそう

 (カラーバリエーションなど)

●接着力のあるテープが見つからない
H14.11 改良型第2試作品『まうぴぃ』制作



●シリコンタイプは成形不良

●試作型から量産型への検討
H14.11 「首都圏商談会」参加
H15.1 第3試作品『まうぴぃ』制作
H15.2



「2003年中小企業ビジネスフェアin

中国」に出展



H15.4



「平成15年度山口県中小企業経営

革新支援事業費補助金」交付決定

●商品力アップと販路開拓が目標




H15.5





商品力アップを目指し、さらに改良は

続く。

新素材を使用し、

第4試作品『まうぴぃ』制作。






H15.7


「アクティブヒューマンライフ2003」

に出展


H15.7


マウスの形状に沿いやすい

『まうぴぃ』を作るため形状をさらに検討

●ビギナーズタイプのマウス側面側に

穴をあける案









H15.10



第5試作品『まうぴぃ』完成。





「良い商品にしたい」という

こだわりにより改良を続けた

結果、ついに商品完成!

クリアタイプ新登場!











★W、S、デザイナーYで販売戦略を

検討中。パソコンでの疲れを癒して

くれるマスコット付『まうぴぃ』が

あったらおもしろいかも、ということに・・・











H15.10

「国際福祉機器展」出展、大反響!!

●しかし、なかなか販路につながらない


H15.10
「平成15年度 全国地場産大賞奨励賞」受賞

H15.12 「障害者就労支援機器」として紹介(障害・高齢者)
H16.3
マスコット付『まうぴぃ』誕生予定
H16.3 「シルバーサービス展」出展予定
topへもどるボタン



「がんばるぞー!」
S:「あっ! これだ!」

偶然にもメモをとろうと、
鉛筆を持ったまま
マウスを持ったこの手が
きっかけとなったのです!

鉛筆がちょうどしきりになって指が左右の
位置に収まります。



W:「なるほど、おもしろい
アイデア!」


プレゼン風景
発砲スチロール模型

しかし、なかなかわかってもらえない
そんな日々が続きました・・



S:
W:
「よっしゃ!チャレンジだ!」

相談中。
モデル
S:「とりあえず初の試作品はできた!」






No.1試作品制作






モニター中です

みなさんとても熱心です。
(みなさんご協力ありがとうございました。)
「みなさん使ってみてください。いかがでしょうか?」







S:
「問題ばかり・・一体どこから手をつけたらよいのか?
もの作りは大変!
解決はできるのだろうか・・・」



会議はつづく・・・
まうぴぃのロゴマーク


「マウスに付けたたときにマウスを持つ手の形がピースになるから
『まうぴぃ』!」
(シンプルな理由です)
キャラクター「まうぴぃ」は
かわいいと評判に!☆














「製品パッケージも考えなくては!大変だ〜」





インストラクタ-のみなさんに
みてもらいました




●作業中
地場産業振興センターの
ご協力に心より
感謝いたします






国際福祉機器展会場にて
●障害をお持ちの方にも
S:
「まだまだ改良が必要だな・・
良い商品にしなければ!」

W:
「根性があるなぁ。でも、
資金はどうしたら・・・。」

改良には様々な問題が・・・

作業中〜手で型抜きしています


シリコンタイプは…


No3.試作品


「なかなか販路開拓は難しいな・・」

首都圏商談会展 示会風景

商品「まうぴぃ」

スケルトン色の No4試作品

製品チェック中


アクティブヒューマンライフ2003展示会風景






W:
「Sさんは粘り強いなぁ」


側面にいろいろな形・大きさで
穴をあけたもの






『まうぴぃ』
ついに完成品!



S:W:Y
「マスコット付はおもしろいぞ!
癒し系でいけるかも?」
粘土でさっそく試作品作成・・・


かわいい★

どれにしようか・・・




「国際福祉機器展」風景





出展予定・・

つづく
穴があると曲がりやすい